お太鼓結びより簡単かわいい帯結び  -短い帯の結び方-
 

アンティークの帯は短いものが多く、普通のお太鼓結びでは手先が足りなくて不安定。

そんな短い帯でもコロンとかわいい帯結びをご紹介します。

お太鼓より、着姿もかわいいのでオススメです。

web shopのコーディネート画像でもよく使っている帯結びですので

是非参考にしてみてください。
 

1.帯の手先を右手で持って、胸の中心くらいの長さになるよう手先の長さを決める。

(より短い帯やポイント柄の場合は、これより手先が短くても大丈夫ですので自由に調節してください。)

 

2.下の画像では背中で結んでいますが、半幅帯の時のように前で結んでいきます。

まずは通常通り胴に2巻きします。

手先を上にして、体の中心で一回しっかりと締めます。↓
 


 

3.タレを開いて、お太鼓結びのとき帯枕を当てるようにタレ裏に細長くたたんだ帯揚げを当てます。

お太鼓を作るときと同様にタレと帯揚げを一緒に持って結び目の上に背負うように当て↓、
帯揚げは後手で仮結びします。

このとき、手先をお好みで出してください。少し折って三角にしたり猫耳のように出したり、
アレンジは自由です。



※お好みで手先を出します。


 

4.小さめで横長(横から見たとき三角になるよう)にタレ裏に帯締めを(ヒップラインあたりの高さに)あてます。

タレ先はお太鼓結びより長め、大体15センチくらいを目安に長さを決めます。
※この時、タレも折りあげられないほど短い場合は、帯締めをタレの上からあてて帯と一緒に持ち上げお太鼓を作ります。




帯締めと帯を一緒に持ち上げて、胴に巻いている帯の上下の真ん中あたりまで上げ、
後ろで帯締めをしっかりと仮結びします。

5.右回りに帯をまわして、帯揚げや帯締めを結びなおし整えて完成です。

お太鼓は角出し結びと同様に下が膨らむような感じで整えます。
 




※手先の出し方は自由です。たらしたり、猫耳のように折り返したり。

※少し簡単に紹介しましたが、お太鼓結びとの違いは手先を上に結ぶことと帯枕を使わないことです。

これなら手先が短くても大丈夫なので、短い帯でもしっかりと結ぶことができます。
 

角出し(銀座結び)のように、すこし横長でお太鼓の下をふんわりと、タレ先を長めにするとバランスよく見えます。

手先の出し方や、ポイント柄を出すバランスなどはweb shopの着物コーディネート画像を参考にしてみてください。

Calendar

2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
■出荷日:毎週金曜日 ※お休みの場合は振替 ◎火は定休日です。 お休みの場合、メールのお返事ができません。

About the owner

himenorumi

ヒメノルミがセレクトしたアンティークやリサイクルの着物、小物、オリジナルブランド「おかっぱ印」のショップです。

奈良・生駒では着付け教室も開講しています。

各種イベントにも出店中。

着付け教室について、また実店舗へお越しの際は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Top